うさぎデザイナーの反省代行まんが

失敗の多いフリーランスデザイナーが描いています。うさぎが代わって反省してくれるので気が楽です。

フリーランス1年目の投資〜後日談〜

f:id:usadesigner:20151229014717j:plain

うさぎは、今年の2月〜3月にレーザープリンターを購入しました。そのとき、数回に渡って記事にしています。

 

フリーランス1年目の投資 インクジェットプリンターvsレーザープリンター

その1(電気屋) その2(比較) その3(父の助言) その4(商品到着)その5(商品詳細)

 

↓購入した機種 

OKI COREFIDO C811dn (A3カラーLEDプリンタ/35PPM) C811DN

OKI COREFIDO C811dn (A3カラーLEDプリンタ/35PPM) C811DN

 

 

今日は、このレーザープリンター購入の後日談になります。

 

あれから10ヶ月、とても快適なプリンタライフでした。

印刷の速さ・精細さは、デザイン作業にも校正作業にも大いに役立ちました。ノンストレス&スピーディ。これはほんとに、レーザーの最大のメリットだと感じました。

あくまでも日々の作業効率・校正速度・デザイン精度アップのためなら、購入した機種で充分効果的でした。

 

ただ、 色の点ではちょっと要注意です。

というのもこの機種は非PostScriptプリンタで、正確な色調整が出来ないのです。 

なので、うさぎは色についてははじめから諦めていました。例えば提出用カンプとかには使えない場合があります。(個人的な感想ですがシアンがものすごく濃く出ます。色だけならインクジェットのキレイモードが良い)

 

しかし、それでもテンポよく作業するには便利なので、「コスト管理」そっちのけでバンバン使用してしまい…「購入時に付属されているトナーで2年は持たせるぞ」と思っていたトナーが、あえなく10ヶ月でカラー3本交換することになりました。なんてこと・・・

OKI 【トナーカートリッジ(小) シアン (MC362dn/C312dn) 】 TNR-C4KC3 

OKI 【トナーカートリッジ(小) シアン (MC362dn/C312dn) 】 TNR-C4KC3

小容量トナーでも1本7,000円弱です。3本交換で24,000円かかりました。苦しい。

ちなみに小容量トナーの印刷可能枚数は、公式では約2,200枚と記載されています。そこで! 

 

「購入時に付属されているトナー」とは「小容量トナー」のことなのですが、果たしてこの10ヶ月で2,200枚も…ほんとに?というのを確かめるべく、印刷枚数を集計してみた所つぎのような結果に。

 

・カラー / 1,777枚

・モノクロ / 160枚

 

ああ…2,200枚とはいかないけど、たっぷり使ってますね(涙)。月々200枚弱もプリントしていたのね。来年は控えようぅ・・・

まあ、使い方によりけりなんだと思いますが、小容量トナーの場合、実際はこれくらいの使用でトナー交換にせまられる事が分かりました。

 

フリーランス1年目の投資の後日談は、こんな所です。コスト管理できなかったうさぎは誤算してしまいましたが、もしもレーザープリンター買おうかなぁとお考えの方へ、計画的プリンタライフの参考になればと思います。

 

おわり

 

 

 

おまけ1:

↓シアン交換後の、プリンタパネルの表示。モノクロはまだ余裕。マゼンタはこの後数枚印刷後、空っぽ表示になりました。

f:id:usadesigner:20151229015033j:plain

 

↓交換中のようす。はめかえるだけ、ものすごく簡単です。

f:id:usadesigner:20151229032643j:plain

 

 

おまけ2:

もう少しお金を出せばPostScriptの入ったラインナップが狙えるので、効率プラス色再現も欲しい方はOKIで言えばこちらがおすすめです↓ A3対応で13万円位。A4までの機種ならもっと安くなるみたいです!