読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎデザイナーの反省代行まんが

失敗の多いフリーランスデザイナーが描いています。うさぎが代わって反省してくれるので気が楽です。

五輪エンブレムについてうさぎ的考察

f:id:usadesigner:20150801004239j:plain

2020年の東京オリンピック開催準備について、ロゴ(正確にはエンブレム)だけでなく、新国立競技場のザハ姐さんデザイン白紙の件や、東京案内ボランティアの制服など、デザインがらみで何かとケチがついてしまっていますね。

へなちょこですがデザイン業界の端っこでひっそり活動する身として心がざわつきます。

 

オリンピックのエンブレムは、ベルギーの劇場から堂々と「ちょっとあんた、盗んだやろ!?」って言われる位には似てるかぁ…と思いますが、さすがにこんな大舞台で「盗作」はしないんじゃないでしょうか。…デザイナーの佐野さんの正式なコメントが待たれます。

 

ですが、盗作云々以前に「どこかの何かと似ている=新しいものではない。せっかくの自国開催オリンピックなのに!日本人として恥ずかしい!」っていう感情が、マイナスに働きすぎて”炎上”めいてしまってるのかなと感じます。

 

そこで、冷静にくだんのオリンピックエンブレム2020について調べたりしていると、なんか「なぜこの形なのか」っていうのを伝えている場面が少ないのです。そもそも、ロゴの形自体にそこが現れていないのはどうなのか!?という議論もあるかもですが、それだけがロゴの表現領域じゃないかも…と思ったのが、エンブレム紹介の公式動画でした。

 

うさぎは動画を見て、少なくとも止まったロゴ画像よりは、込められた想いやセンスなど感じ取ることが出来ました。控えめだけど、動きの洗練されたデザインだと感じます。あと、これを見ると先のベルギー劇場のロゴとは全然別のものに見えます。

 

デザイナーの佐野さんとしては様々な用途(現代では主に、TVやwebでの動画で)を想定し、動きで生きるデザインにしたのではないでしょうか…。

 

www.youtube.com

 

あと、「T」の由来として「tokyo」のほかに「team」「tomorrow」が挙げられている理由や、パラリンピックの方についても、動画で理解できます。

 

特にロゴはその形状についてのみを追及してしまいがちですが、1964年の東京オリンピックから数十年経ったいま、色んな側面から吟味しないことにはデザインの是非は語れなくなってるのかもしれません。

 

おわり