うさぎデザイナーの反省代行まんが

失敗の多いフリーランスデザイナーが描いています。うさぎが代わって反省してくれるので気が楽です。

無知なことがまだまだあるよ

f:id:usadesigner:20150702234135j:plain

今回は呉服のポジフィルムを渡されたことで、ああこれちょっと一段上がったなと。質の高い仕事きたなと…。お客様と一緒にポジを光に透かしたりなんかして、やっぱりフィルムは違うなっとかやってたんですが、撃沈でした。

 

昔、製版部門のある会社で働いていたこともあるのに…。部署が違うからって、フィルムについて無知なまま退職してしまったことを、今さら後悔しました。

 

後で、付き合いのある印刷屋さんから教えてもらいました。

「色再現性が高いから呉服とかはポジで撮らはる事多いけど、下手にやったらポジの意味なくなるで。家庭用はもちろんやし、デジタル系のサービス店でもフラットヘッドスキャナとかじゃ再現厳しいで〜。ドラムスキャナと専門スタッフ必須やで〜。」っと教えてもらいました。ポジ、手強い。

 

更に、「自分、○○(製版部のあった昔の職場)にいたんちゃうん!なんで知らんの」と言われてしまいました。

 

恥ずかしい、恥ずかしい。ごめんなさい、ごめんなさい。

 

でも、知るは一時の恥。

これからはずっと知ってる事になるので、まあ一段は上がったのかなと、

前向きに考える事にします。

 

 

…もちろん、そうです。

 

 

「ポジだけに」です。

 

 

正解っ!

 

 

 

 

おわり