うさぎデザイナーの反省代行まんが

失敗の多いフリーランスデザイナーが描いています。うさぎが代わって反省してくれるので気が楽です。

イメージを言葉でやりとりする難しさ〜「かっこよくして」の罠〜

f:id:usadesigner:20150623115440j:plain

 あれこれ探った結果「ドバイ=いけてるセレブ」のイメージだと判明しました。イメージを言葉で伝えるのは本当に難しいと思うし、受け取る方も難しいです…。

 

まんがの様に「ドバイみたいに」と言われるのは探りやすいほうで、一番難しいのは「かっこよくして」と言われた時だと思う…この言葉はポピュラーかつ”罠”に充ち満ちています。

今回は、「かっこよくして」という言葉の罠と、対処法を自分なりに考えてみました。

 

 ☆「かっこよくして」の罠☆

 その1 誰に向けて広告するかがあいまいになっている恐れ有り。

本来の目的がブレている事に気付かず、とりあえず担当者(やデザイナー?)自身の感性でのりきろうor俺が一発当ててやろう!と思いすぎているかも。色々と危険な感じがします…

 

その2 個人的な趣味・主観を押し出したいとしたら、その仕事はアートっぽい。

ターゲットは担当者(やデザイナー?)の感性について来てくれる人、という事になってるので、それって「アート」がしたい…っていう認識でOK…?

 

その3 情報の精査がおろそかになりがち。

イメージ先行で言っている場合は、告知内容や伝え方そのものについて充分に推敲されていない事があり、後々高確率で修正地獄におちいるし、最悪の場合は反響が悪いものになってしまう…

 

 その4 お任せするよ、という意味の時もある。

内容がちゃんと伝わっていれば、効果的な見た目はプロに任せるよ。という、とても有り難い意図の時もあります。2案、3案出したくなります。

 

 

 

☆対処法☆

「かっこよくして」の罠の中で当てはまっていそうな項目について、やんわりとお話し&確認する。

 すると、多分、何かが前に進むはず……

 

 

 

 

おまけ

「かっこよくして」以上に難題だったのは、「うさぎさんの感性で遊んでください」と言われた時。これはまた違う話になるので、また書いてみたいと思います( ´ ▽ ` )

 

 

おわり