読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎデザイナーの反省代行まんが

失敗の多いフリーランスデザイナーが描いています。うさぎが代わって反省してくれるので気が楽です。

ラベル作り その3 〜寅治マークのデザイン起こし〜

デザイナーのあれこれ話

f:id:usadesigner:20150608004255j:plain

 

前回ラフスケッチをした所で、作業工程をストップしたまま、のほほんと実家に戻ったら母がしびれをきらす寸前でした。ごめんよ…

 

ということで、帰ってから続きにとりかかりました。今回は、制作過程をちょこちょこはさんでマークの完成までをご報告したいと思います。

 

・・・・・ 

その前に…前回までの流れはこちら

 その1

usadesigner.hatenablog.com

 その2

usadesigner.hatenablog.com

 

・・・・・ 

今回の制作の流れは、前回(ラベル作り〜虎の耳の形はどんなの?)制作した手描きのラフ画を元に、Illustratorを使ってデザイン起こしをしていく作業になります。

 

1.まずは、スキャナで取り込んだラフ画を配置して、ペンツールでトレースしました。

f:id:usadesigner:20150608011257j:plain

耳や顔の虎柄の線がはみ出ているのは、Illustratorのパスファインダ機能を使って切り抜くためです。

切り抜いて不要な線を削除したものがこちら↓

f:id:usadesigner:20150608011438j:plain

 

2.次に、「虎治」の文字を整えます。まず、線を太めにしました。

f:id:usadesigner:20150608011552j:plain

 

3.線がくっつき過ぎている所や、揃っていない所を、バランスを見ながら整えました。

f:id:usadesigner:20150608011734j:plain

「寅」という字の中にある「田」のような部分の左右の幅や、「治」のさんずいの下の部分が右側にくっついていた所などを整えています。「寅」の一番上の縦棒も短くしました。

 

4.「手作り品」の柔らかい感じを出したいので、文字の角や端を丸くしました。今回はIllustratorの「効果」→「スタイライズ」→「角を丸くする」で実行しました。

 

f:id:usadesigner:20150608012038j:plain

他のやり方としては、線の設定でもできるし、新しいIllustratorなら(あいまい)選択ツールで任意の角を選んで曲線にする事もできます。

 

5.4のままでは、内側の角丸も外側の角丸も同じ径の大きさなので、少し不細工に思い、内側の角丸の径を1つ1つ小さくしていきました。ちょっとした差ですが、「寅」という字が特にすっきりと見やすくなった感じがします。

f:id:usadesigner:20150608012807j:plain

後の工程で、全体をブルブルさせたいと思っていたので、この時点ではなるべくすっきりと整えました。

 

6.1〜5を終えて、元から決めていた黒×金の配色をしたもの。

f:id:usadesigner:20150608013121j:plain

…これでも割ときれいに整ってきましたが、畑で穫れたものを使った無添加の手作り化粧水や食品につけるラベルとしては、もう少し「じんわり」くるものが欲しい所です。

 

7.「じんわり」するために、元からやろうと思っていたブルブル効果をほどこします。Illustratorの「ラフ効果」を、大きさを調整しながら使っていきました。

f:id:usadesigner:20150608013752j:plain

…アウトラインがブルブルしています!

※ラフ効果は、線の太さや角度によって均一に見えない場合があるので、部分部分での微調整が大切です!

 

8.ここで一旦、最終的な配色や形を模索し直しました。色々なパターンを試して、ぐっとくるものを探しました。最終仕上げの手前の、楽しい時間です!

f:id:usadesigner:20150608014010j:plain

…今回は私の独断と偏見でこの作業をしていますが、クライアントさんによってはこのパターン出しの時に一緒に考えてもらったりする事もあります。これまでの作業は、基本の形を作る細かいデザイン作業ですが、この段階はクライアントさんも参加しやすく、楽しめる部分だと思うので、一緒に作って行く事ができると思うからです。

…模索の結果、上から2番目の、耳と顔の黒い柄部分を少し内側に入れたもので行く事にしました。

 

 

9.8で決めたパターンを、さらにブラッシュアップします。耳の黒かった部分は、本来の虎の耳に合わせて白にしました。(虎の耳は、白い斑点がついているのです。)

f:id:usadesigner:20150608014917j:plain

…ラフ画の最終段階で虎の耳の形にこだわり、結局虎の耳を丸くして、さらに欠けているように見える形を模倣する事に決めたのですが、この段階で「これは白い斑点でいく」ことに変更しました。初心貫徹せず。白くした方が抜け感も出るし良いと思ったんです!

 

 

10.最後の仕上げに「かすれ加工」をします。母と打ち合わせた通り、判子や、版画のような雰囲気にします。

f:id:usadesigner:20150608015343j:plain

…アウトライン表示で作業したので、こんな画像ですみません。全体にかすれオブジェクトを乗せて、いらない部分をちょこちょこ消していい感じにしていきます。かすれの作り方も色々ありますが、またいつかご紹介できたらなと思います。楽しい作業です。

 

11.金色部分のかすれは白に、黒色部分のかすれは金色にすることで、2版刷りの版画の雰囲気に仕上がりました。これで「寅治」マークは完成です!

f:id:usadesigner:20150608015706j:plain

…読み辛くなってはいけないので、「TORAHARU」の所のかすれは、控えめにしました。

 

 

ようやく、母との約束が果たせそうになってきました。次回は、ラベルデザインに落とし込みます(;^ω^A