うさぎデザイナーの反省代行まんが

失敗の多いフリーランスデザイナーが描いています。うさぎが代わって反省してくれるので気が楽です。

ラベル作り その2 〜虎の耳の形はどんなの?〜

f:id:usadesigner:20150528223834j:plain

 

新発見でした。動物の耳は、かわいさを形成するのにすごく重要な要素なのでした!やれ肉球フェチだとか、しっぽ萌えとかいいますが、それらは単なる付属品ではないかとさえ思ってしまうほど…。動物達があらかじめ愛らしい姿形をしているのは、頭に身体的な合理性を備えて余りある「キュートな耳」があるからこそだったのだと気付かされました。

猫耳、うさ耳がはやっている意味もよく分かりました。

 

さて、母の手作り品のラベル作りの続きで、前回の打ち合わせで「寅治=とらはる」を屋号にして、虎の形を使ったものにしようという事になりました。母の干支が「寅」だからです。

 

 ↓前回の打ち合わせ

usadesigner.hatenablog.com

 

そこで、「虎ってどんな形だったかな」と、改めて調べてみました。

 

f:id:usadesigner:20150528225734j:plain

…ほほー。こわっ

虎柄はもちろんの事、ほっぺの周りの白いモフモフや大きな鼻、目の周りのアイライン的な部分も特徴だなぁ。あと、今回新発見した「耳」は、なんか三角形っぽい形で、白い斑点があります。柔らかそうでかわいいです。

「寅治」のマークは、顔の形の中に「寅治」と文字をいれるつもりなので、鼻や目の特徴は利用しにくいです。なので、虎柄と、ほっぺ周りの白いモフモフ、キュートな耳でなんとか虎に見えるようにしないといけないな…

 

と、下書きしてみたものが↓こちらです。

f:id:usadesigner:20150528231759j:plain

ここで、新たな悩みが発生しました…。向かって右側の耳は、本物の虎の耳の形に近づけて描きました。向かって左は、思いきって丸くしてみたもの。丸い方がより可愛く見える気がしてきました。でも、そうしてみた時に、果たして「虎」の形として成立するのかどうか…

 

どちらがいいと思いますか(*^^*)?…もう少し、悩んで詰めてみようと思います。

 

 

〜おまけ〜

まんがの中で出てくる動物図鑑がとても良いので、ご紹介。

ポプラディア大図鑑シリーズ『WONDA動物 』です。

動物 (ポプラディア大図鑑WONDA)

動物 (ポプラディア大図鑑WONDA)

 

・全ページフルカラー

・大型本(サイズ(約):横220×縦285×厚30mm)

・約600種以上の野生のほ乳類と、70種類以上の家畜やペットが掲載

・「ネコ目(もく)」「サル目(もく)」など学術的な分類名に準じて紹介

・全ての動物に生態等の説明がある

・動物の骨格も掲載

・分布図、進化図、人体との大きさ比較も掲載

絶滅危惧種の案内も有り(虎も絶滅危惧種なのだと知りました)

・巻末には「動物クイズ」「Q&A」もあって楽しい

・ポケットWONDAという、単行本サイズの小さな図鑑もおまけでついている

 

あと、amazonのレビューにも書かれている写真とイラストの比率ですが、私の感覚的には4:6位です。確かにイラストは多いのですが、その分写真は大きく掲載されていて、迫力があり、全体的な見応えに全く不満はありませんでした。

 

この内容で¥2,160なら、とっても安い!!と感じます。いずれ、他のシリーズも買うと思います♪