読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎデザイナーの反省代行まんが

失敗の多いフリーランスデザイナーが描いています。うさぎが代わって反省してくれるので気が楽です。

マリオは言葉が自由 〜その2〜

f:id:usadesigner:20150322012840j:plain

 

上田誠さんは、劇作家さんです。

…実はあまり深くは知らないけれど、もう有名人だと思っています。

ここにプロフィールがあります。

 

TVでお話しておられたのは、

「マリオは言葉が無くても伝わる。

これを舞台装置に置き換えると、見る人に伝えたい事が伝わるセットを作れば、

役者にしゃべらせる言葉はとても自由になる」

という事でした。

 

特に舞台は、お客さんを楽しませてなんぼっていう

エンターテイメント性が大事だと思っているので、

役者には出来るだけ魅力的で自由な動きをさせたいって、

そんな風に語っていました。

 

 

こりゃなるほど〜!と思いました。

舞台装置の話をまんがで置き換えると、

絵で語ることが出来るなら、

私を悩ませていた「言葉が多くて説明くさい」っていうのも

解消できそうです。

うさぎにももっと自由にしゃべらせられそう!

 

 

…絵で語ることができるなら…ですが…

 

 

という事で、絵をグレードアップしないと、

私の思う読み辛さは解消されにくい気がしてきました

困りました 汗

 

 

とりあえず、最後のコマで頑張って試してみましたが

このレベルで果たして

「納期ギリギリの徹夜仕事の最中、急にMacが落ちたよ」っていうのが

面白く(>人<;)伝わっているのかどうか…