うさぎデザイナーの反省代行まんが

失敗の多いフリーランスデザイナーが描いています。うさぎが代わって反省してくれるので気が楽です。

独立後技術は伸びるか&親の心配どうするか

 

f:id:usadesigner:20160816004929j:plain

前回の記事にコメントで質問をいただいたので、今回はその質問にお答えする回にしたいと思います。

 

コメントいただいたでずさん、ありがとうございます!!

 

usadesigner.hatenablog.com

 

 

 

質問内容は、前回、独立時に悩んでいたこととして紹介した中の、次の2つについては、その後どうなったのか?ということでした。

・独立後、技術は伸びるのか

・親が心配する

 

どちらも、「うさぎの場合はこうでした」という事しかいえないのですが、

ひとつずつ書いていきたいと思います。

 

 

 

独立後、技術は伸びるのか?

 

結論からいうと、うさぎの場合は「多方面に」伸びることが出来ました。

 

イラスト、webデザイン、ユニフォームデザイン、ショップ運営などと、色々と声がけしてくれるクライアントさんがいたからこそなのですが…

 

なるべく断わらず、少しでも面白そう!と思ったものはチャレンジしてきた結果、独立当初には持っていなかったスキルがいくつか増えています。これは、なかなか刺激も多く、予想していなかった歩み方でした。

それだけでなく、そういう「多方面」への挑戦によって、もとからのグラフィックデザインの技術もアップした実感があります。(これは昔の同僚にも言われたので、たしかなはず…)自然と作ることの視野が広くなり、余裕が出たような気がします。

 

また、フリーランスやデザイナー同士で話をすることも、かなり大きな刺激になります。ときには痛いところを指摘されてハッとしたり、ムッとしたり、しゅんとしたりしますが、それも普段ひとりで仕事している者としては貴重な経験なので大切にしています。

 

(うさぎは人にたいして注意や怒ったりする事が大の苦手なのですが、ときにはそうした方がその人のためになる事もあるのかもしれない…と、いま初めて気づきました。)

 

きっと、ひとそれぞれ色々な独立の仕方があるので一概には言えませんが、

会社員と個人事業主では、立っている場所がそもそも大違いなので、その人その人で何かしらの成長が必ずあるはずなんだと思います。

 

「このまま成長を止めて、いまの技術を後生大事にして広告を製造していくだけのタイムストップデザイナーになってしまうんじゃないか・・・」という当初の悩みは、今のところ杞憂だったなと思っています。

 

 

 

 

親の心配

 

子供が独立すると言えば、ほとんどの親が多かれ少なかれ心配するのでしょうね…

 

うさぎは子供の頃から意思が頑固なのかふにゃふにゃなのかよく分からない所があって、ここぞっていう時に進路を変更して親を心配させてきたので、いい歳してからのこの独立に関してはできる限りのカモフラージュをしました(笑)

 

「家で仕事することにしたわ〜」

「ちょいちょい仕事きてるわ〜」

「体は楽やしいいわ〜」

「ダメになったら、また就職するのもありやし〜」

 

なるべく心配かけない、ライトな雰囲気づくり。

そんなに気張って独立したわけじゃない感を前面に!

それでいて、それなりに忙しい感もバランスよく出して経済的な不安もカバー…という感じでやっていました。笑

 

それでもはじめの内は信用されていなかったように思いますが、1年くらいで親も慣れてきました。いまは落ち着いて応援してくれていて、幸せなことだなと思います。

 

他のフリーランスの方に話を聞いてみると、親も千差万別のようです。

 

独立に大賛成だったり、子に張り合って(笑)やたら口だしてきたり、何にも聞かずにいてくれたり、色々なケースがあるみたいです。

多分「フリーランス」も「デザイナー」も、親世代からするとちょっとよく分からんのかも知れませんよね。うさぎの親は公務員だったので、特にそうだと思います。

 

できるだけ、親と衝突しないよう性格をよく分析して独立宣言するのがおすすめかなと思います。

 

 

…と、独立時に悩んでいた2つの事について、その後どうなったのかをまとめてみました!

 

どれも今から思えばこうだな、ということばかりですが

振り返ることでも色々と気づく事があり、今回とてもよい機会となりました⭐

同じ悩みを解消するための、足しになればいいなと思います。

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

独立時の悩みと踏み出し方

f:id:usadesigner:20160808002820j:plain

 

ぽつぽつと続けてきたこのブログですが、知らない間に90記事を超えていました。年内に100記事達成できるように、ちょっと頑張っています。

 

今回は、自分の独立時のことを振り返って、当時悩んでいた事と、その踏み出し方について思う所を書いてみようと思います。

 

やっとの思いで退職を乗り切ったあと、いろいろなご縁のおかげで独立してやってきたうさぎですが、独立当初はいろんなことで悩んでいました。

 

こんな事を悩んでいました

・再就職するならギリギリの年齢だけど本当に独立を選んでいいのかな…

・たまたま退職後、仕事の依頼がきたけど、いつまでやっていけるのかな…

・独立すると自分の技術が伸びなくなるんじゃないかな…

・在職時のしがらみから本当に解き放たれているのかな…

・親に心配かけるかな…

 

この中でも、「しがらみから解き放たれているのかな…」というのは分かりにくいと思いますが、退職した会社から、仕事の打診がきたときに思いました。今から思うと、かなり疑心暗鬼になっていたので、「いいように使われるんじゃないか」とかそんな風に思っていました。

 

その他の悩みは、主に「安定しない働き方(だけど自由)」を選ぶことへの不安からきていました。単に安定か自由かを選ぶだけの話だったなと思うのですが、当時は色々な事にひも付けて悩んでいました。

 

そんな感じの、不安な思いの多い独立だったので、よくある「独立したら周囲にあいさつ廻りしよう」とか「まずは独立をアピールしよう」的な独立メソッドは実行しなかった。「じわじわと自然に知ってもらう形でいい…」と思っていたので、古い友達にも最近まで特にお知らせしないままでいたりしました。

 

その結果、今なにがどうなっているのかというと、普通にフリーランス状態をなんとか維持していて、喜怒哀楽しながらもデザイン業を満喫しています。

まあ、不安がないといったら嘘になるけど…そのへんは自然と図太くもなってきます 笑

 

そんな経験からも、デザイナーはアピールしすぎない方が良いのかもと思ったりもしています。それは、使い勝手の良いデザイナーはいつでも依頼できるよう、なるべく身近に確保しておきたいっていうクライアントが多いと感じるから。「本当は忙しかったとしても、余裕のある物腰のほうが頼みやすい」とアドバイスもらったこともあります。「忙しそうで、仕事依頼するの遠慮してました」って言われてしまった事もあります。

それに、仮に独立時に沢山の人にアピールした結果、ご祝儀代わりに一気に仕事もらってしまい、対処できなかった…っていう事になるのも怖いです。

 

まあ、もしかしてもっと目標値の高い話であれば、アピールしてどんどんイケていって、外注増やして、従業員も雇って…となるのかもしれません。その場合に比べると、うさぎは目標値は低い方だと思います。

 

話がうまくまとまっていない気がしてきましたが、不安のあまりよくある独立メソッドを鵜呑みにすると、背伸びしすぎてしまったり、余分なストレスがかかることもありそうっていう話です。せっかく身に付けた専門職なので、自信をもって、自分の好きなように踏み出していく事も、独立の第一歩だと思うのでした。

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

webデザインを初めて手がけている話

f:id:usadesigner:20160804004001j:plain

 

「webデザインもお願いしたいんだけど…」という話はちょこちょこありつつ、これまでそれが実現することは無かったのですが、ついに形になるときがやってきました。

 

まんがではその3までしか描けませんでしたが、「動きや階層がある」や「デザインを表す方法がいくつかある場合がある」などもとまどっています。その他もっともっと色々とありますが、とまどいながらやっています。

 

webのプロの方にコーディング以降をお願いしていて、デザイン段階でのアドバイスもいただくことで何とか前に押し進めることができているうさぎです。

そして、web制作の世界の深淵…?のようなものを覗き込むにつけ震え上がっています。

 

やっぱり、思った通り。

相当奥が深いやん…!!

 

 

だけど模索しても手を動かして、

一歩一歩進めるしかないので、

最後までがんばろうと思います。

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちの若さを決定するものは何か

今回はデザインの話でもフリーランスの話でもなく、

「若さとは何か」という、女性にとっての一大命題へのひとつの答えにたどり着いた気がしたので、唐突ですがそういうお話です。

 

♡いうなれば珍しく女子トークの回です♡男子禁制だよ♡でも最近歳が気になってる人は見てもいいよ♡

 

・・・

 

今日、打ち合わせで街に出た際に、同じような格好をした女性を何人も見かけたんです。

おおまかに見てこんな感じです。

 

f:id:usadesigner:20160720232338j:plain

Tシャツ、ガウチョ的ボトムス、スニーカー、トートバッグ、薄めのメイク、ひとつくくりの髪

 

10代〜30代まで幅広く、この格好の女性がたくさんいました。

露出も少ないし、楽だし、シンプルで着やすいからだろうなと思います。服装だけ見れば、ほとんど年齢不詳スタイル。

 

なのに不思議だなぁと思ったのが、同じような格好をした女性でも、

その人が10代なのか20代なのか30代なのか分かる(判断できる)ことでした。

 

と書くと、当たり前のように聞こえるんですが…

お肌や髪の毛をさっぴいても、だったのです。

 

というのは、お肌の細かいところが見えない距離からでも(横断歩道の向こうとか)何歳位かを推測することができたし、後ろ姿だったとしても年齢が分かる場合がある。というか、大体分かってしまったのです。しかも、その人の髪の毛が痛んでいてツヤがなかったとしても、「これは若い子だな」と感じたりする。

 

なんでなんだろう…としばし呆然としつつも、80年代生まれのうさぎにとっては他人事ではなく。ましてや同じような格好を、自分もよく、している…

冷静になって観察を続けた結果、ひとつの結論にたどりついて愕然としました。

 

 

それは、

 

その人の佇まいが、若さを決定している

 

という事です…!大事なので赤字にしました!

 

人それぞれに悩みや喜びを感じて生きている中で、10代よりは20代の方が経験を深くしているような顔つきをしているし、20代よりも30代の方が人生がますます積み重なってきたな…というような佇まいをして歩いていたのです…!

 

なんとも失礼な発言にとられるかもしれませんが、ネガティヴなことではなく、単純に、その人が生きてきた分だけの深みが、オーラのように、佇まいとして現れているものなんだなと感じたのです。

 

それはたとえば、小物やアクセサリーなど身に着けているもののチョイスやセンスにも現れていました。または、服の質感とか。だけど、それらを超えて、しぐさや動作の方がより年齢を語る佇まいとなるようでした。

 

たとえば、今日の帰りの電車で椅子に座るときに、空いていたので肘掛に肘をゆったりと置いてたんですが、多分、10年前の私はそれをしなかった…とか、そういうふとした動作も佇まいとなって年齢を語っているのです(書いてて少し悲しくなってきた)。

 

そして、まあ、ある程度大人になった証として、そういう佇まいを身にまとうのも仕方ないというか、当たり前というか、それでいいかなとも思いかけたんですが、最終的には特にマイナスポイントの多そうな佇まいだけは避ける方が良さそうだという考えに至りました。

 

それは主に表情に現れていて、しかめ面、疲れた顔、訳あり顏や訳知り顔などでいると、人生の深みを大いに表してしまうようでした。それと連動して姿勢や視線も重く、暗くなり…

マイナスの連鎖になってしまうみたいです 泣

 

f:id:usadesigner:20160720234824j:plain

なんだか歳を感じてしまうしかめ面…

 

 

家にいるときや、心許せる人の前でまで抑える必要はないと思うけれど、

なるべくなら普段から楽しい事を考えて、

明るい顔で、それなりには良い感じで佇んでいられるようにしたいなと心に刻んだのでした。

 

 

おわり

 

f:id:usadesigner:20160720233946j:plain

それなりに良い感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒマなとき対策をしよう&良い本ありました

f:id:usadesigner:20160624101159j:plain

 

「最近どう?忙しい?」 って聞かれる時、「ぼちぼちです」って答えるようにしています。

 

たとえヒマでも、ヒマですって言ってしまうと、ヒマでもいいと思ってると思われそうで避けています。逆に、忙しいですって言ってしまうと、新たな案件を遠ざけそうで避けています。

 

実際ヒマなときは訪れてるわけで、それはだいたいとても忙しかった時の後にやってきます。そんな時「よしっ休むぞー!」と、ダラダラ過ごしたり、どこかお出かけしたりってできるのもフリーランスの特権。

 

だけど…心の片隅に「罪悪感」というか「焦燥感」というか…独立してからは、100%休みきれない頭と身体になってしまっています。そしてそんな複雑な?ヒマdaysを有効活用するには、「営業活動」または「知識習得」をしたらいいと思っています。

 

そこで、漫画で書いたような「ヒマな時期対策の準備不足」問題が出てきたりします…

日頃からやっとけばよかったなって反省します。

 

そんな中、amazonでこの本を買って読んでみました。

良い本だと感じたので、ちょっとご紹介です。

 

デザイナーとして起業した(い)君へ。成功するためのアドバイス - Work for Money, Design for Love

デザイナーとして起業した(い)君へ。成功するためのアドバイス - Work for Money, Design for Love

  • 作者: David Airey,小竹由加里(翻訳協力:株式会社トランネット)
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2013/11/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

フリーランスデザイナーの誰もが悩む事や迷う事を拾って、シンプルに意見や解決策を教えてくれます。具体的な経験談に基づくアドバイスばかりなので分かりやすいです。デザインの技術的な事よりも、独立してやっていくための経営的な心構えや戦略の話が多いです。外国でフリーランスをしているデザイナー(外国人)の方が書いた本ですが、国によるアドバイスのズレ等は感じませんでした。

 

うさぎが気に入ったのは、著者のスタンスです。「僕はこう考えるけど、君ならどうする?」っていう語り方で、目線が高くないのです。まるで身近にいる友達や先輩からアドバイスを受けているような感じになりました。「こういうやり方で良かったのかなあ…」と思っていた事について、上から押し付けで断定的な意見をされるよりも、ずっと気さくで、前向きに考える事ができる本でした。うさぎの中では、この著者はすでにマイメンです。

 

デザイナーという職種に限る話が多いので、特にデザイナー職の独立志望・検討中の方、またはうさぎのようにフリーランスデザイナーがヒマになった時の対策本としてもおすすめです。

 

 

おわり

 

 

 

どっちの考え方を取る?「教える」案件

f:id:usadesigner:20160617174137j:plain

 

前回、フリーランスには専門外の仕事も結構くる…という話を書きました。

今回はその最後のほうにちらっと登場した「ちょっとしたデザイン講義」も依頼されるという話を書こうと思います。

 

前回記事↓

usadesigner.hatenablog.com

 

 

「デザイン講義」といっても、会場を用意して…マイクで話して…とかそんな大層なものではありません。

 

まんがで書いたとおり、新入社員の方に、「広告の仕事とは何か」とか「この会社(クライアント自身)の広告はこういう作り方をしてる」とかを教えて欲しい…という内容で依頼されます。「依頼」と書きますが、向こうからは依頼ではなく軽い相談事の感じできますので、もちろん無償でってことになります。

 

うさぎとしては、怒っているわけではなく、単純にこんな思いを抱きました。

『御社の社員の教育は、御社でやっていただきたいのですが…』

 

会社員の方は気づきにくいかもですが、教える事(または習得すること)にも「時間」や「知識」が必要で、それらを使うにはコスト=お金がかかるわけで…。

そのコスト面を、親しい外注先に頼むことによってタダにしようとしているっていう見方も、出来てしまうわけです。

更に、こちらとしてはその請け負ったコストをそれ以上負担したくない→しっかり教え切らないとズルズルと何回も質問されて余計とコストかかる→きっちり教える準備をしなければ…って感じになって、相手方の言ってる「軽い相談事」では済まなくなる。

 

ましてや、インハウスデザイナーとして入った方に教えるっていうのはこちらの仕事が減少してしまう可能性を含むわけでですね…

なんともモヤつく案件です。

 

 

一方、モヤつくという事は、別の見方も出来るということです。

 

 

このご依頼のかげには、少なからずうさぎに対しての信頼感というものがあります。確かに、ポンと入ってきた(かどうかは知りませんが)新人さんにさあ広告を作ってくださいって言っても、それまでの担当さんと外注デザイナーとが培った連携や制作物のクオリティになるかどうか、そこが不安なのでしょう…。そう、うさぎは頼られているのでしょう!

さらに、うさぎ自身、会社員時代に無邪気に質問し相談にのってもらいまくった尊敬すべきフリーランスの方がいます。その人も自分の時間を使って話をしてくれたことを思うと…

 

 

独立しているとこういう、「さあどっちの考え方を取る?」みたいなことばかりあります。

 

 

結局は、「これまでたくさん仕事いただいてお世話になった結果、頼られるまでになれたんだ」という気持ちに切り替えてニコニコとお受けし、少しですが資料も用意して、何話すかをプランして、2時間ほどちょっとしたデザイン講義をさせていただきました。

ペラペラペラと講釈をたれて、気分は割と良かった 笑

 

他のフリーランスの方や、会社員の方でも、この「教える」案件についてどんな事を思うのか気になります。

いろんな考え方がありそう。

 

 

 

まとまりませんが、おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専門外のお仕事もよくくる話

f:id:usadesigner:20160611030924j:plain

とあるTシャツイラスト&デザインのお仕事で、このたびクライアントさんの方から単価アップのありがたいお言葉を頂戴しました! 泣

 

イラスト系はアマチュアレベルのうさぎ。苦節3年…がんばってきて良かった。

理由はこんな感じでした。

「最近は、イラストの細かいところも気づいて手をかけてくれたり、アイデアも出せるようになって、結果Tシャツもよく売れるようになったから!がんばってくれてありがとう!」

 

こちらこそ、イラストはプロではないのに「好きだから」請けさせてもらって、試行錯誤を許して作らせていただいて感謝な出来事でした。だんだんと、コツのようなものがつかめてきていて、努力が実り、よく育っているお仕事です。

 

この一件以外にも、フリーランスには「専門外の仕事」の依頼が結構あるもんだなあと感じています。

 

これまでに、こんな依頼もありました。

・webサイトの制作

・通販サイトの運営

・企業SNSの運営

・スポーツウェアのデザイン

・ちょっとした講義

 

webサイト制作のお話は、ちょこちょこきます。うさぎはwebサイト制作のスキルは無いので、web屋さんに頼むことになりますが、なんだかんだで実際に形になったことはまだ無いです…

 

「企業SNSの運営」は2社から依頼きましたので、今時のフリーランスにとっては結構あるあるなのかも…?うさぎは苦手分野なので、これはお断りしました。

 

「ちょっとした講義」はクライアントの新入インハウスデザイナーさんにデザインを教える…という、人によっては嫌がりそうな内容です 笑

これには思うところが多かったので、また違うテーマで書ければいいなと思います!

 

久しぶりの更新でした。

読んでいただきありがとうございます!

 

おわり